メイン画像

地球生命圏研究機構

SELIS セミナー

日時

2015年9月7日(月) 16:00~17:30

場所

環境総合館2階、第2会議室   

講演者

           松井 仁志 (環境学研究科 助教)

講演内容

「 大気エアロゾルのモデル開発と検証

  大気中に浮遊するエアロゾル粒子の直接・間接効果の推定の不確定性幅 は依然として非常に大きく、 気候変動予測における最大の不確定要因の1つとなっている。直接・間接効果を 精度良く推定するためには、これまでのエアロゾルモデルでは十分に表 現され てこなかったエアロゾルの数濃度・粒径分布・混合状態(各エアロゾル粒子の化 学組成)を高精度で計算することが重要である。私のこれまでの 研究では、これらのパラメータ(とそれらを支配するエアロゾルの生成・変質過程)を陽に表 現できるエアロゾルモデルを開発してき た。そしてそのような詳細なモデルに よって初めて、実大気観測で得られたエアロゾルの重要な特徴を説明できること を示してきた。本発表では、これらのモデ ル開発・検証の概要を紹介する。